肌のトラブル

大人ニキビの原因はストレスやホルモンバランスの乱れによるもの

投稿日:

肌トラブル

女性、特に美しい肌の人にとって、大人になってからのニキビ、いわゆる大人ニキビは主要な関心事になっています。

一般に、成人女性の年齢に達すると、10代女の子特有の肌の問題、特ににきびに関連する問題から卒業できます。人と会うとき、50代以上の女性であれば顔にニキビができてたりすると、恥ずかしさを感じることがあります。ストレス、不安、自尊心が低いと、さらに症状が悪化する可能性があります。

ニキビは10代の頃から発生し、一部の女性にとっては絶え間のない戦いになる可能性もあります。思春期の段階でニキビに取り組んでいる女性は、50歳以上であってもニキビに苦しんでいる可能性があります。これは慢性ニキビと呼ばれます。

しかし、成人女性の年齢から始まるニキビもあります。これを大人ニキビと呼びます。

シニアまたは成熟した女性では、黒ずみはしばしばニキビの前触れとなります。汚れた皮膚細胞を皮膚の毛穴に集めて皮脂腺を詰まらせて。アクネ菌を取り込むことでニキビとなります。

空気と接触すると、これらの蓄積物は黒色になります。その後、それらは膨張し、細菌に対する反応で赤色になり、ニキビとなります。ニキビは首、胸、背中の領域で最もよく見られます。

50歳以上の女性に起きやすい座瘡はロゼシアです。このタイプのにきびは、皮膚に血管が形成されるときに、発赤を引き起こす可能性があります。感染すると、顔に発疹が発生します。ロゼシアは通常、40〜60歳の女性に多く発症します。

ニキビのいくつかの一般的な原因は、ストレスと不安、チープなコスメを使ったメイクアップやホルモン活動によるもの。

不必要なストレスはしばしば皮脂の産生を増加させます。安価な化粧品を使用すると、同様に感染症を引き起こす可能性があります。

女性の特定のホルモン、特にアンドロゲンは、膿瘍の原因となることがあります。また、脂質の異常な排出を与える可能性があります。

アンドロゲンを含む避妊薬は、ホルモンのレベルを上げ、ニキビにつながる可能性があります。意外に思うかもしれませんが、チョコレートとチーズを食べても、にきびの発生につながるわけではありません。

成熟した女性のニキビは、遺伝的な問題として片付けられ、個人的な衛生を怠ることがあります。ニキビを発症する傾向が最もあるのは、脂性肌の女性です。

別の潜在的な理由は、衛生状態が悪いことです。化粧品などであまりにも多くのオイルが皮膚に蓄積されると、毛穴の詰まりが起こります。これは間違いなくにきびの主要な原因です。

ニキビができたときに皮膚科医の助けや専門家の助言を受けることは痛みを伴わないでしょう。 50歳以上の女性のにきびを避けるための鍵は、自分の中にあります。

-肌のトラブル

Copyright© 肌のお悩み相談室 , 2018 All Rights Reserved.