スキンケア方法

紫外線はスキンケアの大敵

投稿日:

uv

紫外線にはUVA UVB、UVCがある

太陽は、さまざまな電磁波を地球に向けて放射しています。そのなかには赤外線、可視光線とともに紫外線(UV)が含まれています。

紫外線は、波長の長いものから順にA波B波C波があります。A波は曇りの日でも地上に届いていて、これを浴びると皮膚内部にメラニンがつくられ、皮膚の色を黒くします。日焼けサロンで皮膚の色を黒くさせるのは、このUV-A波です。

B波は春から夏の強い陽射しのなかに多く含まれ、強烈なエネルギーをもっていて、皮膚を赤くほてらせ、日焼けをおこさせます。日焼けといっても軽視できません。紫外線にあたる時間が長ければ、やけどと同じ状態になり、発熱し、からだがだるくなり、ときには死に至ることもあります。

C波は殺菌作用の強い紫外線で、地球をとり巻くオゾ層に吸収されて、地上には届いていないといわれてきました。ところが近年、スプレー缶などから発するフロンガスの増加によって、オゾン層の一部が破壊されていることがわかり、C波による人体への悪影響も心配されています

uvの種類

紫外線がこわいのは、障害が蓄積すること

日焼けは赤くほてったような状態や火ぶくれになっても、やがて黒ずみ、皮がむけて、快方に向かいます。強また焼けて黒くなった肌も、やがてもとの色にもどるのがふつうです、

しかし、紫外線がこわいのは、こうした急性の障害が1回復しても、小さな影響が蓄積していき、慢性的な皮膚障害に結びつくことです。

紫外線は活性酸素を作り出す

紫外線は物質を通過するとき、物質にエネルギーを与えます。エネルギーを受けとった物質は化学的に不安定な状態になり、他の物質と結びつきやすくなります。よく知られているのが活性酸素です。

活性酸素は無差別に酸化反応をおこし、核酸やたんぱく質を切断、過酸化脂質を生んで、皮膚組織にさまざまな障害を残します。シミ、シワばかりでなく、腫瘍、皮膚がんも、その主要な原因のひとつは紫外線であることがわかってきました。

症状は、かなりの年月が経過してからでも現れるので、高齢になってから思い知らされることが多いのです。その現れ方は人種差および個人差も大きく、同じ素質ならば幼少時から成人になるまでに、紫外線をどのぐらい浴びたかが、大きくかかわっています。

今でも、子どもは表で元気に遊ぶ子がよい子で、家の中にばかりいるモヤシっ子はよくない子だと思っているおとながいます。外で遊ぶのが悪いわけではありませんが、日中、表で長時間遊ぶのはおすすめできません。いつまでも若々しい肌を保ちたいならば、小さい頃からあまり外に出ないか、つねに紫外線防御対策を怠らないこと、これしかないようです。

紫外線による障害には個人差がある

紫外線を浴びて肌が黒くなるのは、表皮の下層にあるメラノサイト(色素細胞)がつくるメラニンという物質のせいです。このメラニンは、紫外線を透過しない性質の主があり、紫外線をそれ以上、深部に届かせないように、真皮を守る働きをしています。

生じたメラニンは、健康な皮膚ならば、ターンオーバーによって角質層に押し上げられ、垢となって消え去ります。しかし、なかには色素沈着をおこして消えず、シミになるものがあり、それが問題です。

このメラノサイトがメラニンを生成する能力の高さは黒色人種、黄色人種、白色人種の順で、皮膚がん発現頻度の高さはその逆です。

ところが、同じ黄色人種が海辺で同じ陽射しを浴びても、肌がすぐ真っ赤になる人もいれば多少茶色くなる程度の人もいます。これはメラニン生成能力に遺伝的な個人差があるためで、日焼けが皮膚がんに結びつく度合いにも、個人差があります。

-スキンケア方法
-

Copyright© 肌のお悩み相談室 , 2017 All Rights Reserved.